ネガティブ女は頑張らない

ネガティブで孤独なOLは頑張りません

息抜き



3月にある祝日の翌日に有休とりたくてウズウズしてる、たらみかなこです。
さすがにあかんかなぁ。絶対そこらへんの日程ヒマしてる自信あるのになぁ。



大きいプロジェクトの期間中でもなく、日々こなすべき一定量の地道な作業があるわけでもなく、
仕事が発生したら取りかかり、比較的すぐ終わり、暇を持て余し、ただ座りっぱなしの尻の痛みだけが知識や技量を差し置いてどんどん蓄積していく…


「何かやることありますか」って聞くのもめちゃくちゃ憂鬱だわ。
「聞く前に自分で探せよ」とか「やることはあるけど説明しないといけない時間を考えると自分でやったほうが早いので何か適当にしといて」とかって思われてるかもしれんし、
だからって仕事に関係ありそうな勉強をしてても「職場は学校ちゃうねんから仕事せぇよ」とか思われてるかもしれんし、「それって今やらなあかんこと?」ってあの爬虫類の目で遠回しにチクチク言われそうな気がしなくもないし…





MENDOKUSE☆





もう過多ぎみの量でいいから振ってほしいわ。
優先順位さえ伝えといてくれたらペース配分するし(配分できるやつと思われてないのは知ってるけど)、進捗が気になるなら一日に一回は報告するように言ってくれたら報告するし、わからんとこは聞くし、説明に時間かかるから自分でやるってそれイコール自分の説明が要点を得ず長ったらしくなっちゃいますよっていう自己申告やし、とにかく会社が憂鬱な原因が上司なのか仕事が暇なせいなのかをハッキリさせてほしいわ。ってどっちもか。





わーーーーーーーーーーーーーーん。






給料いいから辞めにくい…

食品や消耗品や税金の値上げも今後増えていくっぽいからできるだけ給料いいところで働きたい。っていう事情さえ無ければ速攻で辞めてやるのに。




つらたん!つらたん!!




マッチングアプリしてると「仕事は大変だけど楽しいです☆」とか言ってる輩がわりといっぱいいて信じられない。
そのアプリももう辞めますけどね。やはり向いてなかった。結局選択基準は顔やん。
顔写真じゃなく笑い方とか歩き方のムービー必須なアプリやったら続けられる気がする。無いか。

春が来た。



憂鬱な春。

花粉と湿気とあの人の香りのする、乾いた春。

開けた目が痛いほど白い空気の中で、黒いリクルートスーツが蠢く春。




入学式や卒業式のタイミングに咲いてくれない・毛虫の温床・通勤中に横目で花見するものとの認識がすっかり(私の中で)定着した風物詩が散り、濁った風に巻かれる洋服の洗濯を憂い、花びらと鼻炎薬の費用と眠気ばかりが積もる春。

足先にまとわりつく冷気と肩周りに集まる湿気が不愉快を煽る春。

花粉とPM2.5を孕んでくすんだ斜陽が、私の唇を縦に裂く春…。








今日は暖かかったですね。

春と言うには気が早すぎる気もしますが、どうせ日々が辛いとかそんなん言ってるうちにいつの間にか来てるんだから、まぁ大差ないよね。

ストレスフリーだった年末年始休暇は遠い記憶の彼方に消え、荒れる成人式Perfumeだらけのバレンタインも過ぎ去り、平成最後の○○が一つずつ終わっていく中、私の苦痛の終わりは未だに姿を見せてはくれません。
それか、終わりである自分の姿を鏡に見るための勇気が無いのか。
今年も去年と変わらない心持ちで春を迎えてしまいそうです。




他の人にとって春はどんなものなんだろう。

目や鼻がかゆくて嫌な毎日?
酒を飲む口実?
雪解けを待ちわびた生命の季節?
熟れる前の青く甘酸っぱい思い出?
それとも、ひさぐもの?


なんでもいいけど花粉すごいらしいから嫌だな~。
会社がすでにK点超えの憂鬱度なのに、なんで季節にもイライラしなきゃなんないんだろ。



おんなーじそーらがー、
どーみーえーるかはー、
こころーのかーくどーしだいー、だからぁー

ってことですね。
はいはい!つけまつけま!!




今日は寒いのに暖かくてでも指先と爪先は相変わらず寒くて肩は凝って尻は痛くてハリボテの自分にがっかりして他人にもがっかりしてっていういつものマジカルネガティブルーティーンに加え、二週間遅れている生理がもうすぐ来るであろう腹の張りと重だるい鈍痛とじくじくする疼痛に苦しんだ日でした。

明後日は友達とごはん行くのに、どうせそういう特別な日に限って生理二日目で血の量すごくて「うわ今めっちゃ出た」っていう不愉快と横漏れの恐怖を感じながら笑顔と会話と食事を並行しなきゃいけないんでしょ?
もういいよそういうの。飽きたよ。

ピル飲めばホルモンバランス整うらしいし生理時期の操作もできるみたいだけど、副作用あるらしいし産婦人科行くの抵抗あるし金かかるしで手を出せない。

そのうちやりたいと思ってるけど、会社辞めてストレス無くなったら全部解決するなって思いもあったりする。
会社のストレスは無くなっても生活費とか孤独とか職探しとかのストレスが新たに生まれるだろうなとも思う。
結局は自分が元気になるほか無いんだと悟る。
いつものパターーーーーーーーーーン。







冒頭に書いた、乾く・渇く、どっちだろう、と思って調べたら、
乾く:水分がなくなる
渇く:水分がほしくなる
という使い分けをするんだって。
なんだかイカす。






おやすみなさい。

こわっ


今日になっていきなりアクセス数増えたんだけど何?なんで?どゆこと?
こわっ。こわすぎ。亡○のザ○ド効果ですか?(何が原因でアクセス数増えたかわからないので怖くて名前出せません)


そろそろヤバそうな記事消したほうがいいですか?
会社の人が見てるわけないと思いつつも極度のビビりだから万全を期しますよ?どうなんですか?様子みますか?


今日もぼちぼちふぁっきんって思うことがあったので吐き出そうと思うたけどこんなん怖くて無理だわ無理。

それともクローラーですか?botですか?どっちにしろ怖すぎ。


しばらくは当たり障りない内容で様子みま~す…






びくびく。

亡念のザムド


を、見ようと思ったんですがね。



1話目でなんかうんざりして、頑張って見続けていこうと思ったけど2話目の途中で挫折しました。





なんかこう、なんていうんだろう。違和感?振りきれてない中途半端感?いろんな作品のごちゃ混ぜ感?

ジブリっぽい装備品や服装や人物や動作がチラホラ目に付いたし(まぁインスパイアされたのかもだが)、
冒頭の詩の朗読も「あ、千と千尋のリンの声の人だ」と嬉しくなりはしたけど、頭の中で詩の漢字変換と意味の理解が追い付かなかったし、
創作アニメ独特のカッコつけた装飾だらけの詩にうんざりしたし、
コン○ームの中にマスカット一粒入れたみたいなやつを食べさせるみたいなシーンはもうワケわからんかったし、
動きはヌルヌルしてて丁寧な作画だなーとは思ったけど逆に身振りが大袈裟すぎてなんかイライラしたし、
世界観とか情勢とか国家同士の関係性とかがイマイチ分からんままいつの間にか敵が攻めてきて、主人公が変なばけものに変えられて、どこの味方なのかわからん変な集団に連れて行かれて、というように理解できない事項がどんどん増えていってついていくの面倒になったし、声優は微妙にミスマッチだし、

とにかくどっちつかずで見ててモヤモヤする作品だなって思ったので損切りしました。
たぶん私の頭では2周3周しないとわからん世界観なんだと思いました。



アニメ会社のオリジナル作品だっていうから期待したけど、なんか作品紹介?のアイキャッチ画像?からして惹き付けられるものがなかったので、今つかってる動画配信サービスにあるのは知ってたもののずっと遠ざけてたんですよね。
そしてわりと前から聞いたことのある作品名だったので期待値高まりすぎてた側面もありますね。
まぁ全話見てないくせに何言ってんだって自分でも思うけど。

あとOPやEDにブンサテ起用する作品は当たりか外れかの2択なんかなーとも思った。ただの印象。





あまりにもジブリっぽさが目につくのが気になったので調べてみると、監督の人がやっぱりジブリにいたみたいですね。
あとジブリのパクりとかごちゃ混ぜ作品とか、私と似たような感想のブログもいくつかあった。やっぱりみんな感じることは同じなのね。
もちろん、パクりという見方をせず難しい言い回しや世界観を受容して全話を見終わり丁寧なレビューを書いている方もいらっしゃいました。
そういう人のブログに「小難しいことが多いので「観るの辞める」ってなる視聴者もいるのでは」的なこと書いてて、あーそれだわ。って思った。



とにかく今の私は、どちらかというと単純明快でシンプルな作品がいいんですよね。
人物や世界の背景に関して予想や憶測をたてる必要なく、また理解するために思考を深めるのではなく、キャラやキャラ同士のやりとりに愛情を持てるような、そしてできればなんの雑念(パクリっぽいとか第一印象に魅力ないとか)もなく入り込める作品がいいんです。
そういう意味では今の私には微塵も必要性のない作品だったので、今回は残念でした。ってことで。
だからと言って次回はおそらくないでしょうが。




アニメ探しは大変だな~

小さな頃の



この頃つくづく「時代の途中にいるな」って思う。



少子高齢化が速度を増し始め、自転車操業のような金策に喘ぎ、AIに職を譲る前段階におり、外国と揉め、さんざん管理されてきた状態から放り出され始めた時代。地球が変わり生き物が死に始める時代。他人との距離が広がり始めた時代。



もちろん時代は移り変わるものだし、安定していると見えているものに目を凝らせば実はそうではないのも分かる。


でも私はこんな途中じゃなく、行ききって振りきれた時代に生まれたかった。
言葉を持たず服を着ず火を使わなかった時代。
もしくはずっと未来の、アンドロイドに家事や仕事を任せて遊びほうける時代。
温暖化やら大災害やらで金も戦争も人種も資源もITもなくなり、日々農耕をして暮らす時代。
法もモラルも自尊心もなくなり隣人により与えられる暴力的な死に怯える時代。


人間の始まりの生き物の時代か、極端に振りきれていてもうよっぽどのことが無い限り変わらない、今からでは想像さえできやしない未来に生まれたかった。

ほんの数十年前までは戦争してたしパソコンで仕事なんかしてなかったしテレビも携帯も無かったことを考えると、今現在ってめちゃくちゃ前時代的だと思ってしまう。少し前までは本当にそんな世界だったんだ。それを知る親や祖父母が存命してるんだ。まだ癌や白血病なんかで死ぬや死なないやって言ってる時代なんだ。

黒人が初めて大統領になったのもTwitterが誕生したのも空撮がヘリからドローンになったのも平成に入ってからのことなんだ。なんて発展途上の真っ只中なんだろうか。

こんなこと思うのって、進撃の巨人でいうところの壁の中の100年間みたいに、やっぱり今が一番平和だからなんだろうか。この100年間の前や後ろが、私の生まれたかった時代なんだろうか。ていうか進撃の巨人はやく最終回迎えないかな。はやく結末まで読みたいな。


少なくとも私は、好景気を知るおっさんと小学校からプログラミングを習い始める子どもの間のゆとり世代になんか生まれたくなかったし、そもそも人間に生まれたくなかった…。


なんでオタマジャクシ時代の私は今みたいなぐうたら具合を発揮してくれず堂々の惜敗1位を勝ち取ってしまったんだろう…。


ていうか私はオタマジャクシ側だったのか?タピオカ側だったのか?半分半分が合致して初めて私になるのか?
セーメーノシンピだからそのへんはよく分からんけど、とにかくもうちょい忖度してほしかったなぁ。






明日は買い物に行こうと思ってたけど、なんかはしかが流行してるらしいからやめようかな。
去年から積ん読してるマルドゥックスクランブルでも読もうかしら。

ウフコック!好きだ!抱いてくれ!

ウフコックのいる時代でもいいな。

ていうか文章読み返すと自分でも何言ってんだコイツって思っちゃうわ。ひゃはは。

虚ろな目をして笑って

好きな語感はカタクチイワシ。たらみかなこです。





最近ピンとくるアニメがなくて絶賛難民状態だったので、とりあえずサムライチャンプルー見直してました。

人気あるらしいけど個人的にはあんまり好きじゃありません。じゃあなぜ見た。
キャラもいいと思うし舞台設定とか構成とかもおもしろいと思うけど、なんかこうトキメキ?がないんよねぇ。あとああいうラスト嫌い。いい話なのに作画乱れすぎな回もあったし。声優は有名どころがいっぱい出てるんですがね。

あと「ひまわりのにおいのするおさむらいさん」ってゴロ悪いし長い。ほんで毎話毎話聞きすぎて耳タコ。


私はどちらかというとミチコとハッチンのほうが好きです。
あぁいう異国の世界観や色合いやファッションが大好き。ブラジル系の音楽もいい。あとカッコイイ女が出まくってて超クール。あとああいうラスト好き。






以前一度だけ会社の女性陣だけで飲みに行ったことがあった。

バーテンがグラスきゅっきゅっしてるような、がっぺオシャンティーシャンパンバーだったのだけれど、弊社の女性陣は私を除いて同人誌にがっつり関わってる人なので、トークが何から何までオタクそのものであり、オシャバーで展開するには些かKY(死語)すぎた。

私も頑張って「アニメだとマングローブとかが好きですね!」とか言って頑張ってたけど、酒が入りオタク話に華が咲き乱れてくるとテンションも声量も激増する彼女らをバーテンが静めているのを横目に「こんなところで右とか左とか言うなよ恥ずかしい。だる。帰りたい。眠い。」というふうに屍と化していた。

その会で社員1が「たらみさんも意外とサムライチャンプルーとか見てるんや~」と絡んできたので、「マングローブのオリジナルは見てますねー。ミチコとハッチンも見ましたし~」と返すと、
「でもサムライチャンプルーのほうがおもしろいやんな?」と言ってきた。



い い え ? そ う で も な い で す が ?
( ^ω^ )



と言いたくなるのを我慢して、「ねー!おもしろいですよね!」と同調しておいた。これ以上気が合わないやつだと思われるようなことは避けたかったからだ。いまさらこんなこと一つで「なんて気が合うんだ!ユーアーソウルメイト!」ってなるはずなんか無いけれども。
しかもその時の自分の表情とか目線の合わせ方とかが嘘ついてる人みたいになってるなってハッキリ自覚できてしまって、しょーもない嘘ついたうえに相手に気取られてんなって思ってさらに滑稽だった。
苦手なシャンパンと居心地の悪さが相まってものすごい悪酔いした。あんなに不味い酒は滅多にないと思うし、二度と味わいたくないと思う。




という思い出のせいで、余計にあんまり好きじゃないってのもあるかも。完璧にとばっちりですな。

でも今思えばなんで「サムライチャンプルーのほうがおもしろいやんな?」という無駄でアホで踏み絵みたいな質問してきたんだろうか。
おもしろいと思う作品の一致が、彼女にとってはそんなに重要なのだろうか。

ゼタうぜぇんだよ。んなもんはゴミだ。クラッシュ!

いやでももしかしたら「ふだん人間的に全く合わないたらみさんと共通の話題ができたから、これを機にちょっくら会話してやっか」っていう気まぐれにより発せられた言葉だったのかもしれない。

ヘクトパスカルが!

まぁ過去のことだし他人のことだから考えてもわからんけど、どのみちあなた達と心を通わせることは未来永劫ないでしょうがね。
他人と何かを共有する喜びを私が忘れているっていう側面もあるなぁ。いとわろし。





今つかってる動画配信サービスにミチコとハッチン無いんだよなぁー。
おじゃ魔女どれみとかも見たいなー。

ビ・ン・カ・ン☆


瓶・缶☆




ではなくて、敏感。




自分こんなに敏感だったっけ?って思うくらいに、においに敏感なような気がする。


敏感といっても、車のにおいで吐き気がするからドライブできないとか、電車で乗り合わせた人の香水がキツくて気分悪いとか、他人が使用した直後のトイレが使えないとか、別にそこまでじゃない。
まぁ直後のトイレはできれば避けたいけど。





なんか昔に比べて人のにおいがダメになりやすくなった気がする。



出産を機に退職した社員さんが激烈に臭かったことに始まり(妊娠特有のにおいだったのかもしれないけど)、魔女も臭い、昔々にタバコを吸ってた人と話すのも臭い、徳井さんもいい人なのに臭い、お弁当食べるときのベンチに座ってた人の残り香も臭い、マンション隣室の足音でかいホタル族のクソ野郎がタバコに火をつけ吸い始めた瞬間から臭い。

元彼が前妻との子供と会ってた日も、めちゃくちゃ子供臭くて気分悪かったし。
その日に元彼が子供と会ってたことを私は知らなかったのに、においで一発でわかった。

私「なんか子供みたいな妙なにおいする」
元彼「…なんでわかったん。今日面会日やった」
っていうことがあった。

世の男性よ、他の女と会ってたらにおいでバレるからね。マジで。
シャワー浴びようが何しようがにおいって服にこびりつくからね。
シャンプーのにおいもファブリーズのにおいも不自然だからね。
気をつけましょうね。ていうか浮気やめましょうね。子供作るだけ作って離婚とかもやめてくださいね。ていうかいい男は私と出会うまで誰とも結婚しないでくださいね。



普段こんなににおいが気になるのに、家でアロマオイルを楽しもうとディフューザー使ったときは、風邪で鼻詰まりかけのときみたく香りが感じられなくなるんだ。まことおかしい話じゃ。

完璧に詰まってにおいなんか一つもわかんね、程のレベルではなくて、風邪のひき始めもしくは治りかけのときの「鼻呼吸だけではギリギリ苦しくなるレベル」のときの鼻で嗅いだときみたいなにおいの感じ方になる。
家にいるときだけ。
鼻呼吸で普通に生活してるのに。
香りだけ吸収されるフィルターを通して鼻呼吸してるみたい。

あれれぇ~、おかしいぞぉ~?
(CV:高山みなみ)





爬虫類の瞬膜みたいに、臭いときや寒いときだけシュッと閉じられるバリア的な器官があればいいのに。
ちょっとキモいけど。




あれれぇ~、でも見直してみるとそんなに敏感でもねぇなって気がしてきたぞぉ~?
(CV:肌色の塗り壁)







はい。午後も何事もありませんように。